園長あいさつ

 このたび企業内保育事業として、新しく開園する「ふたば保育園」の施設長(園長)に就任いたしました大谷壽希と申します。
「ふたば保育園」は、当社社員の早期復職や女性の長期就労を可能にするとともに、女性を含めた優秀な人材の採用を強化する事、また社外においても同じように子育てをしながら働く人の為に地域貢献できることを目的に設立されました。
 子育てをしながら働く人に優しい企業になる事、子育てしやすい社会を作る事は働き方改革、少子高齢化対策を推進している日本において、企業の社会的使命であると考えています。
 「ふたば保育園」の理念は、
“愛情と信頼感の中で、心豊かに「生きる力」の基礎を育む”です。
 子どもの発育において 0〜2歳は非常に大切な時期となります。豊かな愛情を持って、子ども一人ひとりの個性・発達段階に合わせて、寄り添った保育を行う事で健やかな成長と発達を促します。
 当園では、企業主導型保育事業ではありますが委託保育ではなく、独自運営としています。少人数制で寄り添った保育の実現の為に、新たに保育園を構内に建築し、新しい設備を導入いたしました。
 初めての取り組みとなりますが、経験豊富なスタッフと共に子ども達と楽しく活き活きとした活気のある保育園にしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

写真:ふたば保育園 園長 大谷壽希
ふたば保育園 園長 大谷壽希

デュプロ精工とのつながり CONNECTION

ふたば保育園は、紀の川市にある「デュプロ精工株式会社」の敷地内にある企業内保育園です。
内閣府の子ども・子育て支援新制度の助成を受けての開園ですが、県内でもまだ数例しかなく、メーカーでは紀の川市で初めてです。
デュプロ精工株式会社では、女性の技術者も増え、産休や育休を取る人も増えました。
そんな中「女性たちを支援して、子育てをしながら働く人にやさしい企業になることは企業の社会的使命」という社長の思いから2018年5月1日にオープンすることになりました。

写真:デュプロ精工